株取引できる時間帯を知る

リンク先→参照元

私たちが直接株取引をできる時間帯は、平日の「朝9時から11時30分まで」(前場)と、12時30分から15時まで」(後場)となっています。
この時間帯に東京証券取引所などの株式市場が開いていますので、株価が動きます。平日の上記時間以外や土・日・祝日、年末年始などは取引所はお休みですので、取引ができません。

取引できる時間帯

一部、証券会社によっては、夜に取引ができる『夜間取引(PTS)』サービスをおこなっています。例えば、SBI証券の場合は、平日の17時から23時59分まで」リアルタイムに取引できます。お仕事で忙しいサラリーマンの方などは、チェックしておく価値がありそうです。 ※詳しくは、「夜間取引(ジャパンネクストPTS) 証券会社の選び方」をご覧ください。

平日の日中に株取引ができる時間は、冒頭でお伝えしたとおりですが、株を売買する注文自体は、ネット証券を使えば24時間365日好きな時に出すことができます(証券会社がシステムのメンテナンスをしている時はできませんが…)。

たとえば、【月曜日の19時】に買い注文を出したとします。19時とは、取引所が閉まっている時間です。ですから、その“買い”注文は【翌日(火曜日)の朝9時】に回されます。そこで、誰かが出した“売り”注文とぶつかることにより、買い注文は取り引きが成立することになります。(これに関しましては、後ほど出てくる『株を実際に買ってみる』で詳しく書いてありますので、そちらをご参考ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。