Premiere Proで編集速度を上げるためのショートカット一覧

TwitterFacebookはてブPocketLINEコピー 2020.06.14 2019.06.03

ここでは覚えておきたいショートカットを一覧表にまとめています。ショートカットは半角英数で入力する必要があり、日本語入力環境とは少し相性が悪いですが、覚えておくことで動画編集スピードが格段にアップすること間違いなし!

ショートカットはWindowsのキーボードとmacOSで少し違うので、それぞれのキーを掲載しておきます。

目次

  1. ファイル関連
  2. 編集編集に役立つショートカット
  3. 動画編集の補助ショートカット
  4. 編集ツールのショートカット

ファイル関連

ファイル操作WindowsmacOS
新規プロジェクトCtrl+Alt+Noption+⌘+N
新規シーケンスCtrl+N⌘+N
新規ビンCtrl+/⌘+/
新規テキストCtrl+T⌘+T
上書き保存Ctrl+S⌘+S
別名で保存Ctrl+Alt+SShift+⌘+S
ファイルの読み込みCtrl+I⌘+I

ここで分かりづらいのが「新規ビン」の作成で、Premiere Proでいう「ビン」とは「プロジェクトパネル」で作成できるフォルダのようなもので、各種クリップ(映像や音声、効果音など)の整理に使うことができます。

ビンを作成するには、プロジェクトパネルをアクティブ(クリックして青枠を出す)にしてからショートカットを実行すれば作成できます。

詳しく知りたい方は、Adobeのヘルプを参照してください。Premiere Pro プロジェクトパネルでのアセットの整理Premiere Pro のプロジェクトパネルでは、アセットを効率的に整理できます。ビンの使用、アセット名の変更、使用されていないアセットの削除などの方法について学習します。helpx.adobe.com

編集編集に役立つショートカット

編集関連WindowsmacOS
取り消しCtrl+Z⌘+Z
やり直しCtrl+Shift+Z⌘+Shift+Z
カットCtrl+X⌘+X
コピーCtrl+C⌘+C
ペーストCtrl+V⌘+V
インサートペーストCtrl+Shift+VShift+⌘+V
属性をペーストCtrl+Alt+Voption+⌘+V
消去DeleteDelete
リップルを削除Shift+Deleteoption+Delete
すべて選択Ctrl+A⌘+A
すべての選択解除Ctrl+Shift+A⌘+Shift+A
速度・デュレーションCtrl+R⌘+R
有効化Ctrl+Eなし
リンクCtrl+L⌘+L
グループ化Ctrl+G⌘+G
グループ化解除Ctrl+Shift+G⌘+Shift+G
レンダリングEnterEnter
ズームインなし
ズームアウト–(ハイフン)–(ハイフン)
スナップSS
1フレーム移動← →← →
5フレーム移動Shift+← SHift+→Shift+← SHift+→
早送りLL
巻き戻しJJ
再生/停止spasespase

動画編集の補助ショートカット

マーカー関連WindowsmacOS
アウトをマークI(アイ)I(アイ)
インを消去O(オー)O(オー)
インを消去Ctrl+Shift+Ioption++I
アウトを消去Ctrl+Shift+Ooption++O
インとアウトを消去Ctrl+Shift+Xoption++X
マーカーを追加MM
次のマーカーShift+MShift+M
前のマーカーCtrl+Shift+M⌘+Shift+M
選択したマーカーを消去Ctrl+Alt+Moption+M
すべてのマーカーを消去Ctrl+Alt+Shift+Moption+⌘+M

編集ツールのショートカット

ツール関連WindowsmacOS
選択ツールVV
トラックの前方選択AA
トラックの後方選択Shift+AShift+A
リップルツールBB
ローリングツールNN
レート調整ツールRR
レーザーツールCC
スリップツールYY
スライドツールUU
ペンツールPP
手のひらツールHH
ズームツールZZ
横書きテキストツールTT

参照URL

Grid Layout チートシートの見方

参照URLhttps://qiita.com/7dt/items/577ba8eada3380c93dbb

チートシートの右上はグリッドの用語説明、
左側は親要素に設定するプロパティ、
右下は子要素に設定するプロパティになります。

Grid Layout の作り方

チートシートを見ながら読み進めてください。

①親要素をグリッドコンテナとして指定する。

display: grid;
見た目に変化はありませんが、全ての直接の子要素がグリッドアイテムとなり、自動的に行が作成されます。
(position: fixed; あるいは absolute; で指定された子要素はグリッドアイテムにはならない)

②-1 行と列の数が明確な場合の指定方法(明示的グリッド)

予め行と列の数がわかっている場合は、数とサイズを以下のプロパティで指定します。

grid-template-rows:
grid-template-columns:
行(row)、列(column)に対して数とサイズを指定(半角スペースで区切る)。
チートシートでは、50pxの行を4行、100pxの列を3列、つまり4 x 3のグリッドを作ると指定しています。
ライン名を指定する場合はサイズ値の前後に任意の名前を[ ]にて設定します。
[row1-start] 50px [row1-end row2- start] 50px [row2-end row3-start] 50px [row3-end] 50px [line5];

grid-template-areas:
各セルに対して任意の名前を設定し、“”で囲んで列を、改行にて行を指定します。
チートシートでは、一行目の全3セルをheader、2、3行目の1、2列をmainと指定。
これにより1行目はheaderというエリアに、その下の4つのセルをmainというエリアに指定することができます。
セルに名前をつけない場合は .(ドット)でセルの場所を指定。

grid-template:
grid-template-rows:とgrid-template-columns:のショートハンドとして、行と列のサイズ指定をします。
ここにさらにgrid-template-areas:を加えてエリアの名前も同時に指定することもできます。

②-2 行と列の数が不明確な場合は自動配置の方法を指定する(暗黙的グリッド)

指定した明示的グリッドにグリッドアイテムの数が収まらず、はみ出した場合や、
JavaScriptなどを使ってサーバーからコンテンツを取得するなど、
グリッドアイテムの数が不明な場合にはこちらのプロパティで自動配置の方法を指定します。

grid-auto-rows:
grid-auto-columns:
自動で作成される行や列に対するサイズの指定。

grid-auto-flow:
行を自動作成するのか、列を自動作成するのかを決める指定。
明示的に位置を指定しない場合は、アルゴリズムに基づいてアイテムが自動配置されますが、
場合によっては空白のセルが発生する場合があります。
(グリッドの一部に複数セルを利用したエリアが明示的に設定されている場合など)
その場合にはdense(密集)を指定すると、配置順が変更され空白のセルが発生しません。

grid:
明示的グリッドプロパティ、暗黙的グリッドプロパティとしてあげた上記全てのショートハンド。
書き順は次のとおり。
rowの指定 / columnの指定;
チートシートにある auto-flow 50px / 100px 100px 100px; は
50pxの行を必要な分だけ、100pxの列を3列作成する、という指定になります。

③グリッドアイテムの位置を指定する

①②で出来上がったグリッドに以下のプロパティで子要素を配置します。

・値にライン番号を指定することにより、行/列の開始と終了を指定します。
grid-row: 2 / 4;
行のライン番号2から4まで
(フッターなど最終行に配置する場合は -2 / -1と負の数で指定すると、行数が途中で増えてもメンテが楽)

・隣接するトラックを複数使ったエリアを指定する場合は span も使えます。
grid-row: 2 / span 2;
行のライン番号2から2つの連続するトラック

・②でライン名を設定した場合はライン名を指定することも可能です([ ]は記入しない)。
grid-row: row2-start / row3-end;

grid-area:
grid-row:とgrid-column:のショートハンド。記入の順序がややこしいので要注意。
grid-row-start / grid-column-start / grid-row-end / grid-column-end;
grid-template-areas:を指定した場合はエリア名での指定も可能。

各要素の位置やサイズを調整して完成。

各プロパティに対する指定可能な値についてはチートシートの各項目を参照してください。

親要素に設定するプロパティ

プロパティ説明
grid-row-gap:行間の余白のサイズ
grid-column-gap:列間の余白のサイズ
grid-gap:grid-row-gap: と grid-column-gap: のショートハンド
align-content:垂直方向における親要素(コンテナ)の位置指定
justify-content:水平方向における親要素(コンテナ)の位置指定
place-content:align-content: と justify-content: のショートハンド
align-items:垂直方向における子要素(アイテム)の位置指定
justify-items:水平方向における子要素(アイテム)の位置指定
place-items:align-items: と justify-items: のショートハンド

各子要素に設定するプロパティ

プロパティ説明
align-self:垂直方向における各子要素の位置指定
justify-self:水平方向における各子要素の位置指定
place-self:align-self: と justify-self: のショートハンド
z-index:子要素同士の重なりの順序指定
order:順序の指定

補足

サイズ指定のプロパティに使える値について

fr

サイズの指定にはpxや%などなんでも使えますが、新しい単位 fr がとても便利です。
fr(フラクショナルユニット)は利用可能な幅に対して均等に分割するための単位で、
ブラウザの幅が変わっても指定した比率でサイズが計算されるため、レスポンシブな単位です。
(各コンテンツ幅以下には小さくならない。つまり各コンテンツ幅がバラバラな場合で十分な利用幅がない場合は等分にならないので注意)

grid-template-columns: 1fr 2fr 1fr;
比率 1 : 2 : 1の指定

コンテナ幅が 1000px で、gap: 50px; の場合の例:
grid-template-columns: 50% 1fr 1fr;
1列目=500px(%はgapを含めず純粋にコンテナ幅からの計算)
2列目=200px(残り500pxからgap2本分を引いた幅を二等分した値)
3列目=200px(残り500pxからgap2本分を引いた幅を二等分した値)

min-content

コンテンツ内の最大の単語幅を元に改行して、最小に表示。

max-content

改行せず、コンテンツの幅で表示。
コンテンツの幅が増えれば合わせて調整してくれる。

minmax(50px 100px)

50pxと100pxの間の指定。表示幅に余裕があればmax値(100px)、余裕がない場合はmin値(50px)までレスポンシブで対応。

repeat(4, 50px)

50pxを4回繰り返すという指定。「50px 50px 50px 50px;」の代わりにコンパクトに記述できる。
repeat(2, 50px) 100px;
このように一部分のみ使うことも可能。
repeat(5, 1fr 2fr);
1fr トラックに 2fr トラックが続くパターンを5回繰り返した全10トラックを表現する方法。

repeat(3, [col-start] 1fr [col-end]) 200px [grid-end];
repeatを使ったときのライン名は、上記の位置に入れます。
名前を[-start][-end]で指定すると、自動でトラックごとに[ 1]などの連番の数字が付与されます。
[col-start 1] 1fr [col-end 1 col-start 2] 1fr [col-end 2 col-start 3] 1fr [col-end 3] 200px [grid-end];

repeat(auto-fill, 50px);

50pxのトラックが入るだけ入る指定。
コンテナ幅に余裕があれば余白が生まれます。

repeat(auto-fit, 50px);

50pxのトラックが入るだけ入る指定。
コンテナ幅に余裕があっても余白は残さず、コンテンツのないトラックの幅は0になります。

これらを駆使するとメディアクエリを使わずレスポンシブ対応が可能

grid-template-columns: repeat(auto-fit, minmax(200px, 1fr));
200px以上の列が入るだけ入り、デバイス表示幅が小さくなれば列数が減って新たな行が生まれます。

ライン名について

grid-template-areasに設定していない名前でも、grid-template-columns/rowsにてライン名を[-start/-end]で設定していれば、grid-areaで使えます。

grid-template-columns: [hd-start] 1fr 1fr 1fr [hd-end];
grid-area: hd;

JavaScriptで位置情報(GPS)取得

参照元 https://web-designer.cman.jp/javascript_ref/others/gps/

JavaScriptで位置情報の取得が可能です。ただし、正しい位置とならないこともあります。

GPSを搭載したスマートフォンやノートパソコンでGPS機能が利用可能となっている場合は、ほぼ正しい位置を取得できます。その他の場合は、携帯キャリアのアクセスポイント(基地局)となったりIPアドレスを管理しているプロバイダの位置となったりします。

実際に「東京都世田谷区」の光回線を使用したパソコン(GSPなし)で位置情報を取得したところ、「東京都千代田区」と表示されました。
GPSを利用した場合は位置も正しくなりますが、正しい位置を取得できない場合も多くありますので、利用には注意が必要です。

位置取得のAPI

位置情報取得には以下の関数(API)があります。

単発getCurrentPosition現在の位置情報を1回取得
連続watchPosition現在の位置情報を繰返し取得(位置の移動監視)
clearWatch上記「watchPosition」の中止(停止)

取得できるには以下の値となります。

属性取得内容単位
latitude緯度(-180~180)
longitude経度(-90~90)
altitude高度メートル
accuracy緯度・経度の誤差メートル
altitudeAccuracy高度の誤差メートル
heading方角(0~360)0:北
speed速度メートル/秒
GPSなしのパソコンなどでも位置情報は取得できますが、位置が大きくずれる場合があります。
また、使用しているブラウザによっても位置が異なる場合があります。

JavaScriptサンプル

以下のサンプルを実行すると、サンプルを実行したJavaScriptが表示されます。
サンプル実行された位置情報は保管しておりませんのでご安心ください。

スマホの場合は、このQRコードで当ページが開きます。

現在の位置情報を1回取得

近くのお店情報や現在地の天気など、位置情報を1回取得すればいい場合は「getCurrentPosition」を使用します。
ただし「getCurrentPosition」は位置の確認精度が低いとの情報もあり、「watchPosition」を一定時間実行する方がより正確に近づく可能性もあります。(もともと正確な位置情報でない可能性が高いとお考えください)
以下のサンプルでご確認ください。位置情報を取得する確認メッセージが表示されます。「許可」を選択しないと位置情報は表示されません。このサンプル実行で取得される位置情報は一切保管しません。

現在の位置情報を繰返し取得(位置の移動監視)

歩きながら、車で移動中などスマホの位置を定期的に取得したい場合は「watchPosition」を使用します。(もともと正確な位置情報でない可能性が高いとお考えください)
以下のサンプルでご確認ください。位置情報を取得する確認メッセージが表示されます。「許可」を選択しないと位置情報は表示されません。このサンプル実行で取得される位置情報は一切保管しません。
デモ(サンプル)は一定回数で追跡が自動停止します。

株取引できる時間帯を知る

リンク先→参照元

私たちが直接株取引をできる時間帯は、平日の「朝9時から11時30分まで」(前場)と、12時30分から15時まで」(後場)となっています。
この時間帯に東京証券取引所などの株式市場が開いていますので、株価が動きます。平日の上記時間以外や土・日・祝日、年末年始などは取引所はお休みですので、取引ができません。

取引できる時間帯

一部、証券会社によっては、夜に取引ができる『夜間取引(PTS)』サービスをおこなっています。例えば、SBI証券の場合は、平日の17時から23時59分まで」リアルタイムに取引できます。お仕事で忙しいサラリーマンの方などは、チェックしておく価値がありそうです。 ※詳しくは、「夜間取引(ジャパンネクストPTS) 証券会社の選び方」をご覧ください。

平日の日中に株取引ができる時間は、冒頭でお伝えしたとおりですが、株を売買する注文自体は、ネット証券を使えば24時間365日好きな時に出すことができます(証券会社がシステムのメンテナンスをしている時はできませんが…)。

たとえば、【月曜日の19時】に買い注文を出したとします。19時とは、取引所が閉まっている時間です。ですから、その“買い”注文は【翌日(火曜日)の朝9時】に回されます。そこで、誰かが出した“売り”注文とぶつかることにより、買い注文は取り引きが成立することになります。(これに関しましては、後ほど出てくる『株を実際に買ってみる』で詳しく書いてありますので、そちらをご参考ください)

【フケが多いと感じたら】原因は○○だった!対策をご紹介します

「シャンプーしているのにフケが多い」「フケが気になり紺や黒などフケが目立つ洋服が着られない」このようなお悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。

清潔にしているつもりでも、実はフケが増える原因を知らないうちに作り出している可能性があります。

そもそもフケはどのようにしてできるのでしょうか?その基本的な情報と、頭皮の状態チェック、フケが出ないようにする対策方法について解説します。

フケとはそもそも何?基本情報を解説

頭を掻いたらフケが出てくることは誰しも体験したことがあると思います。

では、フケとはそもそも何なのでしょうか?そして、なぜフケが出てしまうのでしょうか?まずは基本的な情報について知っていきましょう。

フケとは古くなった頭皮の角質

フケとは頭皮の古くなった角質のことです。頭皮のターンオーバーにより古くなった角質が自然とフケとなるのです。

フケ自体は誰にでもあるものですが、とある原因でフケが多くなることがあります。その原因については後ほど詳しく解説していきます。

フケの多さに性別や年齢は関係する?

フケは男性でも女性でも、子どもでも発生するものです。ただし、性別や年齢、環境よってフケの種類が異なってくるといわれています。

ここからは、フケの種類について詳しく解説します。

フケにはどんな種類がある?頭皮の状態をチェック

フケは頭皮の角質ですが、一口に「フケ」と言っても種類があります。フケの状態で自身の頭皮の状態をチェックすることもできますので、セルフチェックして対策をしましょう。

フケは大きく分けると乾性フケと脂性フケの2種類に分類されます。それぞれどのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

細かくパラパラしているフケなら「乾性フケ」

フケの状態が細かくてパラパラしているなら「乾性フケ」タイプです。このタイプは頭皮の乾燥が考えられます。もともと乾燥肌の方や成長期の子ども、暖房などで乾燥しやすい冬の季節に乾性フケが出る人もいます。

また、紫外線やドライヤーのしすぎも乾性フケの原因だといわれています。

湿り気があり大きいフケなら「脂性フケ」

反対に、フケの状態が湿り気やべたつきがあって大きい場合は「脂性フケ」タイプです。男性に比較的多く見られ、ビタミンB群不足やホルモンバランスの乱れが原因だといわれています。

また、ヘアスタイリング剤を落とさずに寝てしまうなど、頭皮が清潔に保たれていないことが原因の場合もあります。

フケはシャンプーが原因になることも

洗浄力が強過ぎるシャンプーを使うと、頭皮の油分が失われるため乾性フケになりやすいといわれています。また、シャンプーの回数が多い方も同じように頭皮が乾燥してしまい、乾いたフケが出やすい傾向があります。

シャンプーを一度に多く出しすぎてしまうこともフケの原因になります。容量は商品パッケージに記載のある方法で正しく行うことが、フケ対策にもなります。良かれと思ってしたことが、シャンプーでは裏目に出てしまうこともあるため、頭皮の状態を健康に保つことを意識すると良いでしょう。

生活習慣の乱れも原因のひとつ

生活習慣の乱れも、フケの原因のひとつだといわれています。バランスの良い食事をとることはもちろん、睡眠をしっかりとり、自分なりの方法でストレスを溜め込みすぎないようにしましょう。

フケをなくす方法はある?

気になるフケですが、フケをなくす方法はあるのでしょうか?完全になくすことはできないとしても、改善する方法はいくつかありますので参考にしてみましょう。

頭皮をしっかりケアする

頭皮マッサージやヘッドスパで頭皮の血行を良くすることで、髪に栄養が行き渡りやすくなります。

<関連記事>

正しいケアで効果を実感!頭皮マッサージの方法と注意点

シャンプーの選び方は頭皮の状態に合わせる

フケをなくすには、頭皮に優しいシャンプーをしっかり選ぶことも大切です。

乾性フケタイプ、脂性フケタイプの方それぞれに向けて作られた商品もたくさんあるので、ご自身にあったものを選んでみてください。

シャンプーのすすぎに時間をかける

シャンプーの洗い残しが原因でフケが出てしまうこともあります。特に襟足やこめかみの部分はすすぎ残しが多いので、丁寧に洗い流すことが大切です。すすぎが不十分だとフケだけではなく、かゆみの原因にもなるので、かゆくて頭を掻くことで頭皮を傷つけてしまう可能性もあります。

また、シャンプーの際は指の腹で優しくマッサージするように行うと、血行も促進され地肌の汚れを取り除くことができます。お手本として「美容室でシャンプーをしてもらう」あの心地よさを目指してみると良いでしょう。

食生活・生活習慣の改善

食生活・生活習慣を改善することもフケ対策には必要です。糖分や油分の多い食事は頭皮にも悪影響を及ぼします。それ以外にも、生活習慣の乱れが自律神経の乱れにも繋がり、ホルモンバランスが崩れることで頭皮に悪い影響を及ぼしかねません。

規則正しい生活を心掛け、レバー、牛乳、納豆などビタミンB2が多く含まれる食材を意識してとりましょう。

フケが多すぎる場合は皮膚科を受診する

上記の対策法を試してみたけれど、それでもフケが減らない場合は皮膚科を受診しましょう。

フケの種類(乾燥・油性)や大きさ、いつからフケが多くなったかなどを医師に伝えると良いでしょう。フケの多さが改善されないなら医師に相談することも念頭にいれることが大切です。

正しいケア方法を知り、フケをなくそう!

この記事ではフケの基本情報やフケをなくす方法について解説しました。フケが多くなるにはいくつかの理由があり、その理由を探ることも対処法のひとつです。しっかりと正しいケア方法を知ってフケをなくしましょう。

頭皮環境を整えるために、毎日使うシャンプー選びにもこだわってみると良いかもしれません。「ポリピュア スカルプシャンプー」は、アミノ酸系ノンシリコンで頭皮の環境を整えるシャンプーで、毛髪・頭皮を清浄し、すこやかに保ちます。頭皮環境を整えることでフケやかゆみも抑えることができるので、気になる方はぜひ試してみてください。

参考URL

test

ぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをんぁあぃい

入門:EC-CUBE 4のデフォルトページを編集する

日曜日 , 14, 4月 2019 mac EC-CUBE4.xLeave a comment

 本記事はHTMLやJavaScriptにあまり詳しくない店舗運用者様などを想定した解説記事です。

 EC-CUBE 4のトップページを編集してみたいけど、どのように触っていいのかわからないというような場合にどのように編集すればよいかを書いていきます。

レイアウト、メインコンテンツ、ブロック

 EC-CUBE 4のページは「レイアウト」が決められており、そのレイアウトで「そのページ固有のメインコンテンツ」と「複数のページで利用できるブロック」を設定しています。

 まずは、変更したい場所がページのメインコンテンツなのか、ブロックなのか確認する必要があります。

レイアウト

 レイアウトは初期状態のEC-CUBE 4ではメインページと、その他ページが異なるレイアウトになっています。

 管理サイトの「コンテンツ管理」→「レイアウト管理」でそれぞれのレイアウトを確認することができます。

 「トップページ用レイアウト」クリックすると、

トップページのレイアウト

 上の画像のようにトップページのレイアウト情報を表示することができます。

 トップページは#headerの部分に「ヘッダー(商品検索・ログインナビ・カート)」「ロゴ」「カテゴリナビ(PC)」という3つの項目が表示されています。この1つ1つがブロックです。

 それ以外にも#contents_topや#main_topという表記があり、今回は解説しませんが、未登録のブロックをドロップすることで、別のブロックを表示することもできます。

メインコンテンツ

 #main_topの下に「Main」という表示があります。

 これが各ページ固有の内容を表示する部分です。 

 例えば、トップページなら、画像を3つスライドショー形式で表示している部分が固有の内容です。

 メインコンテンツの内容は「コンテンツ管理」の「ページ管理」から確認及び編集することができます。

 上画像の「TOPページ」をクリックすることでトップページのメインコンテンツを編集できます。

 「ファイル名」に表示されている「app/template/default/index.twig」が、「コード」欄に表示されているHTML(およびCSS、JavaScript)が実際に記述されているファイル名です。

 このページで内容を編集するか、ファイルを編集することで表示を変更することができますが、今回は管理サイトで作業を行うことを想定して、このページの内容を変更することとします。

スライドショーの画像を変更したい

 例として、スライドショーの画像を変更してみます。

 先ほど表示したページ管理のトップページの「コード」欄のスライドショー画像を指定している部分は以下です。?

123456789{% block main %}<div class="ec-sliderRole"><div class="main_visual"><div class="item slick-slide"><img src="{{ asset('assets/img/top/img_hero_pc01.jpg') }}"></div><div class="item slick-slide"><img src="{{ asset('assets/img/top/img_hero_pc02.jpg') }}"></div><div class="item slick-slide"><img src="{{ asset('assets/img/top/img_hero_pc03.jpg') }}"></div></div></div>{% endblock %}

 コードの中に「img_hero_pc01.jpg」という画像ファイル名があります。これがスライドショーの一番目に表示する画像ファイルの指定です。この辺は、ある程度HTMLなどの知識が無いと特定が難しい部分ですが、見つけることは可能だと思います。

 ただ単純なHTMLではなく、Twigの機能を使った指定になっています。

asset(‘assets/img/top/img_hero_pc01.jpg’)

 このファイルはEC-CUBE 4をインストールしたディレクトリの下の以下の場所にあります。

html/template/default/assets/img/top/

 フォルダの中身を確認するとこのようにimg_hero_pc01.jpgなどがありますね。

 似たような名前のimg_hero_sp01.jpgなどがありますが、これはスマートフォン表示の際の画像です。今回はスマートフォンについては言及しませんが、スマートフォン対応しているサイトでは同様にこの画像も変更する必要があります。

 「スライドショー表示されている画像3つを変更したい」という場合、2つの方法が取れます。

・HTMLを触らずに画像を差し替える

・HTMLを変更して、表示したい画像を指定する

 HTMLを触らない方法は、HTMLの知識の無い方でも変更可能というのがメリットです。ファイル名が実際表示する画像の内容に合わない、画像の差し替えより凝ったことができない、などのデメリットもありますが、HTMLを編集してページの表示を崩してしまう恐れはありません(画像サイズによって表示が伸びたりすることはあるので、画像サイズは他画像とそろえる必要はあります)。

 この場合は、img_hero_pc01.jpg、img_hero_pc02.jpg、img_hero_pc03.jpgを表示したい画像と差し替えればOKです。

 HTMLを変更する場合は、「コンテンツ管理」の「ページ管理」でTOPページをクリックし、「コード」欄を書き換えます(注意:かならず編集前のコードをコピーないし、ファイルをバックアップして元に戻せるようにしておいてください!)。

 例えば、ex.jpgという画像を表示したい場合は、ほかの画像と同様の「html/template/default/assets/img/top/」以下にex.jpgを配置し、コードの該当箇所を以下のように書き換えます。?

123456789{% block main %}<div class="ec-sliderRole"><div class="main_visual"><div class="item slick-slide"><img src="{{ asset('assets/img/top/ex.jpg') }}"></div><div class="item slick-slide"><img src="{{ asset('assets/img/top/img_hero_pc02.jpg') }}"></div><div class="item slick-slide"><img src="{{ asset('assets/img/top/img_hero_pc03.jpg') }}"></div></div></div>{% endblock %}

 最後に右下の「登録」ボタンをクリックして変更を反映させます。

 これらの作業は、HTMLやプログラミングの知識が無いと危険な作業ですので、バックアップを取って元に戻せるようにしてください。最後に書きますが、ご自身で修正が難しい場合は、デザインテンプレートや開発会社に依頼する方がより安全で、凝ったサイトを作成することができます(お金はかかりますが)。

ブロック

 メインコンテンツに編集したい内容が見当たらない・・・という場合はブロックとして配置されていることを疑ってください。

 例えば、トップページの以下の表示は「新入荷商品特集」というブロックです。

 どうやって、見当をつけるかというと、先述のレイアウト管理からトップページのレイアウトを確認するとある程度推測することができます。

 Mainの下に「新入荷商品特集」や「トピック」という項目がありますね。

「新入荷商品特集」の内容

 ブロックのコードは「コンテンツ管理」→「ブロック管理」から確認できます。

 一覧から「新入荷商品特集」をクリックすると、コードが確認できます。?

12345678910111213<div class="ec-role"><div class="ec-eyecatchRole"><div class="ec-eyecatchRole__image"><img src="{{ asset('assets/img/top/img_about.jpg') }}" alt="" role="presentation"/></div><div class="ec-eyecatchRole__intro"><p class="ec-eyecatchRole__introEnTitle">{{ 'front.block.eyecatch.title__en'|trans }}</p><p class="ec-eyecatchRole__introTitle">{{ 'front.block.eyecatch.title__ja'|trans }}</p><p class="ec-eyecatchRole__introDescriptiron">{{ 'front.block.eyecatch.descriptiron'|trans|nl2br }}</p><a class="ec-blockBtn--top" href="{{ url('product_list') }}?category_id=4">{{ 'front.block.eyecatch.view_list'|trans }}</a></div></div></div>

 このコードに「ジェラートとは・・・」のようにページで表示されている文言があれば、特定は容易なのですが、EC-CUBE 4は多言語対応しており、それぞれの言語に合わせた表示を別の場所で行っています。

 多言語対応が不要な場合は、{{ ‘front.block.eyecatch.title__en’|trans }}などの代わりに日本語の文字を入れてもいいのですが、仕掛けを説明すると表示する文字はsrc/Eccube/Resource/locale/messages.ja.yamlというファイルに記述されています。

 今回の部分を抜粋すると、?

1234front.block.eyecatch.descriptiron: |ジェラートとはイタリアン・アイスクリームのことで、一般的なアイスクリームに比べて、乳脂肪分が低くいのが特徴です。当店では厳選した旬の果物のおいしさをそのままジェラートに仕上げました。風味が濃厚でありながら、甘さ控えめでヘルシーなキューブジェラートをご堪能ください。さらにジェラートの製法を活かした、アイスキャンディ・アイスサンドも販売しております。

 こんな感じです。コードの「front.block.eyecatch.descriptiron」の部分がこれに置き換わることが推測できると思います。

 新入荷商品特集の文言を変更する方法は2通り考えられます。

・src/Eccube/Resource/locale/messages.ja.yamlの該当箇所を書き換える

・多言語対応などが必要ないなら、messages.ja.yamlを使わない

 messages.ja.yamlを使わない場合を紹介します。「新入荷商品特集」コードの該当部分を以下のように変更します。?

12345678910111213<div class="ec-role"><div class="ec-eyecatchRole"><div class="ec-eyecatchRole__image"><img src="{{ asset('assets/img/top/img_about.jpg') }}" alt="" role="presentation"/></div><div class="ec-eyecatchRole__intro"><p class="ec-eyecatchRole__introEnTitle">ここには英語のタイトルが表示されていました</p><p class="ec-eyecatchRole__introTitle">日本語のタイトル</p><p class="ec-eyecatchRole__introDescriptiron">説明文を表示します</p><a class="ec-blockBtn--top" href="{{ url('product_list') }}?category_id=4">{{ 'front.block.eyecatch.view_list'|trans }}</a></div></div></div>

 このように変更すると下の画像のように表示が変わります。右側の画像が文字数の減少に合わせて大きくなっているので、HTMLやCSSで要微調整ですが、文字が変わっているのがわかると思います。

まとめ

 このように、EC-CUBE 4の表示の変更はレイアウト、メインコンテンツ、ブロックの仕組みを知ったうえで該当箇所を探す必要があったり、多言語対応の影響で変更するファイルが分かりづらくなっている側面があります。

 Twigの仕組みもHTMLやCSSを勉強しただけでは少し難しいかもしれません。

 「これは自分では難しい!」と感じた場合はデザインを変更するテンプレートをオーナーズストアで購入するか、開発会社にカスタマイズを依頼するのも検討してみてください。

管理画面URLを忘れた場合に確認するファイル・URL変更もOK

EC-CUBE開発でやってしまう落とし穴の一つ、あまりあってはならないことなのですが・・・たまにやってしまうのが管理画面のURLを忘れてしまうことです。
パソコンを再インストールしたり買い換えた時に、あれ?URLなんだっけということがたまーに起こります。

そんなときはFTPでサーバーへ接続し、インストールしたディレクトリにある.envというファイルをテキストエディタなどで開いてみましょう。
下の方までスクロールして行くと、ECCUBE_ADMIN_ROUTEという設定項目が記載されています。

.env管理画面URL

.envで指定されたECCUBE_ADMIN_ROUTEがEC-CUBE4での管理画面のURLになります。逆にいうとURLを変更したいときはここの値を変えればOKです。
セキュリティ対策面への配慮からも、是非わかりにくいURLへ変えておきたいところです。

.envの設定値は色々とあるので、ぜひまとめて紹介する機会を設けたいですね。